コスモオートは一人一人のお客様を大切にします。

埼玉・東京・神奈川の板金塗装ならコスモオートへ

窓フィルムの貼り方

フィルムの貼り方の印刷はこちらから

窓フィルムの貼り方

1.必要な物

ご用意いただくもの
画像の説明
(1)メジャー (2)カッター (3)スプレーボトル (4)キッチンペーパー (5)定規
(6)セロテープ (7)スポンジ (8)スキージー (9)タオル
上の写真の他に、中性洗剤(食器洗いで使う洗剤)が必要となります。

2.スプレー液を作る

スプレー液の作り方
画像の説明画像の説明
中性洗剤を3滴スプレーボトルに入れます。中性洗剤を入れたら、水を500cc入れます。
中性洗剤は水500CCに対して3滴を目安にしてスプレーボトルに入れて下さい。
夏場などは、中性洗剤の量を増やすとフィルムを貼る際に貼りやすくなります。
気温20℃以下・・・3滴  気温25℃以下・・・4滴  気温25度以上・・・5滴

3.窓ガラス養生

フィルムを張る前の準備
画像の説明画像の説明
フィルムの貼り方手順がわかり易いように、今回はスリガラス調ブラインドフィルムを使用してご説明いたします。大量のスプレー液を霧吹きするので室内で水がかかる場所を、あらかじめ (4)キッチンペーパーと、 (9)タオルなどで養生しておきます。

4.フィルムをカットします。

フィルムを窓ガラスにあわせてカットします
画像の説明画像の説明
フィルムを仮乗せする為に、ガラス面全体にスレー液を霧吹きします。フィルムをカットする際に直角辺を、サッシ枠内側のビートゴムにあて、写真の【A・B】の部分の隙間が空かないように位置決めします。
【C・D】の部分は、実際のガラスの寸法よりも大きいので、ここで切断していきます。
画像の説明画像の説明
Cの部分の切断
フィルムをサッシ枠内側のビートゴムの内側でカットします。
※カットする際は、カッターの刃をまめに交換し、力の入れ過ぎでガラスに傷をつけないようにしましょう。
ガラス面にフィルムをよく密着させた状態で、ガラス枠の縁に定規を縦に当てます。そして定規に沿ってカッターでフィルムを上から下へと切断して行きます。
20cmの長さを切り終えたら、定規をビートゴムに沿って下げ、先ほどカッターで切り終えた所からまた下方向にフィルムを切断します。
この作業を何度か繰り返し、縦部分を下まで切り取ります。
Dの部分の切断……Cの部分同様に切断します。

5.フィルムの仮剥がし

フィルムの型取りが終わりましたら、フィルムの仮剥がしをします。
画像の説明画像の説明
まずは写真のようにフィルムの一辺を浮かします。フィルム面、透明シートの両方にセロテープを貼ります。
画像の説明画像の説明
フィルムと透明シートのそれぞれに貼り付けたセロテープを引き離すように外すと簡単に剥れます。写真のように、透明シートの上半分を剥がします。この時、フィルム側がガラス面から剥れ落ちないように、片手で抑えながら透明シートを下方に向けて剥がします。
画像の説明画像の説明
次に剥がした2辺を持ち、下半分も剥がしていきます。この時フィルムの下10cmは剥がさない状態にしておきます。この状態で、透明シートを剥がしたフィルム面全体にスプレー液をスプレーします。
画像の説明画像の説明
透明シートをを剥がしたフィルム面全体ににスプレーをしたら、透明シートをずれないように戻します。戻した透明シート全体に満遍なくスプレー液を霧吹きします。
画像の説明画像の説明
透明シート全体にスプレー液を霧吹きしたら、下方向から上方向へとフィルムを巻いていきます。これでフィルムの仮剥がしは完了です。

6.ガラスの清掃

※ガラスの清掃でフィルム貼り付け後の仕上りが違いますのでしっかりと清掃しましょう!

窓ガラスをきれいにしましす。
画像の説明画像の説明
ガラス面全体にスプレー液を満遍なく霧吹きしした後、(7)スポンジを使い、ガラスの表面の汚れを清掃します。
※金属製や、硬いプラスチック製などのタワシやスポンジはガラスに傷を入れる可能性がありますので、柔らかい材質のスポンジをご使用ください。
綺麗な(9)タオルでガラス面を吹き上げます。フィルムを貼る際ガラスサッシなどの隅に残ったホコリが原因でフィルムが浮きあがることがありますので、隅々まで綺麗に吹き上げます。

7.フィルム貼り

フィルム貼りを行います。
画像の説明画像の説明
ガラス面全体にスプレー液を霧吹きします。仮剥がししたフィルムを、写真のように透明シートとフィルム面をふちの方から剥がします。
画像の説明画像の説明
仮剥がしの時にフィルム面にスプレー液を霧吹きした面をガラスに貼り付けていきます。フィルムの上方2辺をガラスの角に合わせ、透明シートを剥がしながらフィルムを貼り付けていきます。
画像の説明画像の説明
下方向の透明シートを剥がす際にフィルムに折れ傷が入り易いので、フィルムを片手で抑えながら透明のシートを外していきます。透明シートを剥がし終えたら、フィルム面全体にスプレー液を霧吹きします。
画像の説明画像の説明
ガラスとフィルムの間にあるスプレー液をスキージーを使い水抜きしていきます。フィルムが動かないように、中央から上下の端に抜いていきます。
縦に長いフィルムを貼る場合は、フィルムが動かないように、まず一番上を右から左に水抜きして固定し、上から下方向に向けて水抜きしていきます。
画像の説明固定し終えたら、スキージーにキッチンペーパーを巻きしっかり水抜きをします。
水抜きが終わりましたら、ガラス面をタオルで吹き上げます。

ご注意

スプレー液が抜け切れなかった場合。
画像の説明水抜きをし終えた後に、抜き残しがあり、どうしても水分が抜けきれないという場合は、図のように針で水泡の下部に穴を開けます。
穴を開けた方向に向けてキッチンペーパーを巻いたスキージーで水抜きをします。

インフレットご使用上のご注意

フィルムの貼り方の印刷はこちらから

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional